8merito.jpg看護師という仕事は、

周りから見ている以上に体力的にきつい仕事になっています。

 

出産を経て復職となると、

体力面での負担はかなり強く感じられますし、

さらに夜勤などがある不規則な勤務体系は、生活のリズムなども狂ってしまう事もあり、精神的にも負担が大きいですよね。

 

さらにここに育児という大きな問題もあるとなると、

復職なんて考えられない。

という看護師も出てきます。

 

せめて育児の部分はサポートしてくれれば、

と考える看護師も多くいます。

 

 

実は、最近では病院に託児所を設け、

ある程度勤務時間などに対しても

配慮してもらうことができるケースは増えています。

 

 

院内に託児所を設けている病院の多くは、

しっかりと子育て支援を行ってくれる病院も多くあります。

 

例えば、夜勤は免除してくれたり、

残業も免除してくれるというような配慮をしてくれている。

というところも多くあります。

 

 

それだけ、職場自体が理解してくれていることが多いんです。

 

また、院内に託児所があるといういことは、

万が一子供が体調を崩してもすぐに見てもらうことが出来ますし、

様子を見に行くこともできますよね。

 

保育施設への送迎も、別の施設にいるわけではないので楽ですし、

勤務が終わればすぐにお迎えに行けるので、

子どもにとっても安心感があります。

 

仕事にも集中しやすいですよね。

 

 

育児中に職場復帰をするのであれば、

このような環境が整っている病院を選びたいと思いますよね。

7hiyou.jpg看護師として働き、

結婚と出産を機にして一時的に離職をし、

さらに落ち着いたら職場復帰をするという働き方をする。

 

というのは女性看護師に多いパターンになっています。

 

 

出産というのは女性にとっては非常に大切な出来事ですし、

家庭で育児をする、家事をこなすということも、

女性ならではの生活として、経験してみたいという方も多いですよね。

 

ただ、ある程度育児に専念した後には、

看護師として職場復帰をしたい。

という人は多く、その職場復帰のために子どもを預ける場所が必要という人も多くいます。

 

 

病院側はこのニーズをしっかりと受け止め、

院内に保育施設を設置する。

という動きがとても多くなってきているんですよ。

 

 

病院内に設置される保育施設にはさまざまなタイプがあります。

また保育施設を利用する料金についてもかなりバラつきがあります。

 

福利厚生の一環として、

非常に低価格な料金で利用が可能という場合もありますし、

保育施設自体が充実した内容で、病院スタッフ以外にも、

地域に開放されている認可保育園といった施設になっているケースもありますよ。

 

 

このような場合には、

一般の利用者と病院スタッフとでは利用料金の形態が異なるケースもあります。

 

勤務年数に応じて利用料の50%を病院が負担していたり、

70%を負担してくれるというようなケースもあるんです。

6kangaeru.jpg子どもを育てながら仕事をする場合、

どうしても託児所というのは必要になりますよね。

 

とくに保育園は今はなかなか空きがなく、

入園自体が難しいケースも多くみられます。

 

 

いくら看護師という仕事だから、

託児は必須といっても、他の仕事をしている人だって、

託児が必要んですよね。

 

保育園に入れられないの復帰できません。

ということは病院にとっても痛手になります。

 

 

そこで病院内やその周辺に託児施設を設け、

看護師を確保しようという病院が増えてきています。

 

子どもの預け先を確保できれば、

安心して復職もできますよね。

 

 

また、院内に託児所があれば、

体調を崩してしまってもすぐに対応できるというメリットもあります。

 

さまざまな働き方にも対応してもらうことが出来るケースも多く、

院内託児があるとなにかと安心して働けます。

 

 

安心して働けるといっても、

やはり母親として子どものこともしっかりと考えたいですよね。

 

正社員でもパート採用でも、

勤務をする時間帯を考え、

休日などについてもしっかりと事前に相談をしておくことが大切です。





残業をすればその分収入が増えるから、

と無駄な残業をするようなことを避け、

日頃から残業をしなくて済むようにテキパキと仕事をこなしていくということも大切です。

 

残業があればその分、

子どもは寂しい思いをすることになりますし、

負担も大きくなりますよ。

5kodawaru.jpg病院内に託児所があることで、安心して働くことが出来る。

という小さな子どもがいる看護師の間では、院内託児所のある病院は好評です。

 

ただ、院内託児があるからといっても、

夜勤や残業が多く、家族や子供などに負担がかかってしまっては、

問題がありますよね。

 

 

託児所があっても、できれば日勤のみで働きたい。

そんな風に思っている人も多いと思います。

 

そのような時には、病院に対して日勤のみの勤務を希望してみたり、

日勤のみで対応ができる外来などに移動をさせてもらうなど

交渉をしてみることも大切になりますよ。

 

 

看護師として仕事をすることも大切ですが、

子どもに負担をかけない事もとても大切ですよね。

 

 

実は日勤のみという仕事は、いろいろあります。

看護師の職場として夜勤がある病棟勤務以外でも、

クリニックや献血ルーム、健康診断専門病院といったところは、

日勤のみということが多くなります。


 

訪問看護といったような仕事も、

比較的残業もありませんし、

夜勤がない仕事になっていますよね。





このように子どものことを優先的に考えて、

職場選びをしていくことも大切です。

なにも託児所があることにこだわり過ぎないようにしましょう。


 

ただ、看護師という職業柄、残業などがある可能性はあります。

 

一般的な保育施設でも、

残業に対応してくれる延長保育の実施があるところがありますので、

そのような施設を選択することは重要ですよね。

4taiou.jpg正規雇用の看護師として働いている場合、

夜勤が回ってくることがありますよね。

 

週に1度程度は夜勤をこなす必要があるケースは多く、

この夜勤が難しいことで正規雇用では仕事が出来ない。

という看護師も多くいます。

 

 

また育休明けの看護師は、

夜勤時に子どもを預けることが出来ない、

子どものことが心配なので復職できない。という人もいます。

 

このような状態を解消するために、

24時間対応の託児ルームを併設する医療機関は年々増加しています。

 

託児ルームの利用は福利厚生の一環として低価格で利用すること可能で、

送迎も楽になるため、

保育園や幼稚園に通わせるより楽という人も多くなります。

 

 

また、子どもが近くにいるとうことで、

母子ともに安心感を得ることが出来る。

と思っている人も多いんですよ。

 

 

ただ、すべての病院にこのような24時間対応の託児ルームがある。

という訳ではありません。

中には夜勤時は対応が出来ないというところもあります。

 

このような時には民間の夜間対応の託児所などに子どもを預ける必要があり、

利用料金なども高く、

病児は預かってもらうことが出来ないなどのデメリットがあります。





もし、このような状態になってしまった場合、

上司などにしっかりと相談をして、夜勤を免除してもらう、

時短勤務を導入してもらうといった、勤務先に対して配慮をしてもらうことも必要です。

3yakan.jpg病棟勤務をする看護師の一つの悩みに、

夜勤の存在があります。

 

病棟に正規職員として入職すると、

多くのケースでシフト制の勤務体制になっており、

夜勤対応が必須になることが多くなります。

 

 

小さな子どもがいるという場合でも、

夜勤対応を頼まれることは多く、

断れないケースも出てきますよね。

 

このような時に、

子どもを預かってもらうことが出来る環境があるのか。

というのは非常に重要になってきます。

 

 

父親が夜間は対応できるという事であればよいですし、

近所に親が暮らしていて、夜勤時は預かってもらえるのであればよいですよね。

 

でも、頼るべき人がいないとき、

託児所を利用するとうことも考えられます。

 

この託児所、病院内にあれば、

安心して託児をお願いできますよね。

 

 

実はこのようなケースは多く、

病院内に夜勤勤務に対応した託児所をもつ。

というところ増えてきています。

 

 

入院設備をもつある程度の規模の病院の場合、

24時間、365日、看護師として勤務している時間帯には託児施設が利用できる。

という託児所を併設しているケースは多くなっています。

 

看護師不足を起こさないため、

離職率をあげないための病院側の配慮になっています。

 

 

でも、すべての病院が同じように対応してくれているのか。

というと、これはすべてではないんです。



あくまでも病院側は福利厚生の一環として託児施設を設置するので、

病院ごとにその内容、預かる時間などは異なるんですよ。

 

 

託児をしてもらえると思ったのにダメだった。

ということにならないように、

応募の時にはこの辺りも確認しておきたいですよね。



病児保育についても可能かどうかも

チェックしておきたい部分です。

2kyousou.jpg看護師という職業は、

比較的給料が高めな職種になります。

 

小さな子供がいる看護師にとって、

保育園に子供を預けて働こうとおもっても、

想像以上に保育料が高かった。という経験がある人も多いですよね。

 

 

高い保育料を払うのであれば、勤務しない方がいい。

と考える人もいます。

 

それに対して、医療機関に託児施設がある場合、

非常に安い費用で託児をしてもらうことが出来る。

ということで、託児施設をもつ医療機関は大変人気が高い就職先になっているんです。

 

 

そのため、よりよい託児施設を持つ医療機関は就職時の競争倍率は高く、

それだけ採用されにくい職場にもなっています。

 

医療機関側としては、

求職者の中からより条件が良い看護師を採用することが出来る。

ということになりますよね。

 

 

この高い倍率の中で採用される為には、

どのようにしたらいいのでしょうか?

 

まずは看護スタッフとして、

経験や知識をアピールするということは大切ですし、

求人がある診療科目について、やる気などをアピールすることも大切です。





でも、経験や知識、やる気だけえは行けません。

看護スタッフとして最も大切な、医療従事者としての人格。

というものがあります。

 

医療従事者として、医療技術を向上しよう、

知識や経験を向上させよう。という気持ちは大切ですよね。

 

 

未経験の診療科目に応募しようとするときには、

できるだけその知識を習得するなど、

前向きに頑張ろうという気持ちも大切です。

 

 

また看護師として、

患者さんに対応するときの人柄というのも大切になりますよね。

1sukunai.jpg新聞やコンビニなどにある求人情報誌を見ていると、

看護師の求人は多いですよね。

 

その中でも目を引く、「託児施設あり」「保育所完備」といったものは、

育児中の女性看護師にとってはかなり魅力的な職場。

と思いますよね。

 

 

看護師はもともと女性が多く、

出産や育児のために離職することが多い職業です。

 

育児の部分を手厚くサポートすることによって、

看護スタッフを確保しようとする動きは、とても多くみられます。

 

 

これは厚生労働省の指針としても出されているものなんですよ。

ただ、全国的に見てみると、この託児施設を完備している病院というのは、

まだまだ少ない状況になっています。

 

 

 

託児施設などを完備するとうのは、

病院にとっては福利厚生の一環になります。

 

そのため、一般的に保育園や幼稚園といった施設に比べると、

保育料なども低価格で済んでしまう。

というところが多くなります。

 

 

託児施設が病院内などにあることで、

仕事にも専念できる環境が整っているということで、

育児中のママ看護師にとっては魅力的な職場ということで、

競争率はかなり高くなります。

 

ただ、児施設の有無と仕事の内容は

別に考える必要がある場合もあります。

 

 

託児施設があるから、

夜勤も残業もしてほしいといわれれば、

その負担は自分だけではなく家族や子どもにもかかってきます。

 

自分が働きたい診療科目などもありますよね。

育児を施設としてサポートするのではなく、

勤務時間などに対してもしっかりと配慮してくれているのかも注目したいですよね。

配属希望を出してみよう

wahearwa.jpg
小さなお子さんのいる看護師が働く場合、
両親など身近に面倒を見てくれる人が
いない場合は、託児所利用は必須です。

ましてや夜勤までこなすようになるまでは、
子供がもっと大きくなり、せめて就学するまで
待ってからの方が体力的に安心です。


託児施設を利用し、日勤のみで看護の仕事をするには、
総合病院の場合であれば
病院併設の託児所を持つところが便利
です。

病院内に子供がいることで、母子共に安心ですし、
病児の場合でも預かってくれる可能性があります。


さらに夜勤が発生しないような科、
例えば外来などに配属を希望し、
可能ならば日勤で仕事が終了します。



夜勤のない職場もあるかな?


総合病院以外にも選択肢はあり、町の診療所、
献血センター、健康診断専門病院勤務ならば
多少の残業があっても夜勤はありません。


また訪問看護師としての道もあり
自宅療養している病人の家へ直接訪問し、
健康チェックを行う仕事ならば夜勤などはなく、
定時に帰宅することも可能になります。


このような仕事先を選択した場合は、
勤務先と託児施設との距離が離れている事があります。

いつ託児施設から呼び出しがあっても
すぐに駆けつけられる範囲が理想です。


さらに急な残業の場合でも
気持ちよく延長保育で
預かってくれるところを選択しておくといいです。




院内託児所があると安心

agewaaewa.jpg
子供がいる人にとって、
託児所は必要な場所です。

保育園にはなかなか入ることができない人が多いなか、
看護師として復帰しなければいけない人もいて
悩まれている方もいます。


しかし、最近では、病院内や施設周囲に
託児所を設けているところが増えてきている
か、
子供を預けて日勤の勤務をされている看護師もいます。

日勤の勤務だと夜勤もなく、夕方勤務が終われば、
子供を迎えにいくことができます。


子供が体調を崩しても院内にあれば
医者に診察してもらうことができますので
安心して勤務することができます。




無駄な残業を増やさない工夫


預ける場合、働き方としては、
正社員でもパートでも雇用形態はさまざまです。

パートの場合、
例えば、9時から16時まで勤務希望しておき、
何時以降は勤務できないとか、
休日相談はきちんとしておきましょう。


急患の場合は別として、
正社員の場合例えば8時半から17時半勤務にしたならば、
子供にさびしい思いをさせないように
無駄な残業はしないようにしましょう。

そのためには普段から仕事を的確にして
やるべきことをきちんとしておくことが大切
です。


病院や施設などでは夜勤の人と交代するときには、
患者さんの健康状態なども
きちんと把握しておき
情報交換しておくようにすることも大切
です。